求人disサイト【2016年~】

※当ブログの全記事は、https://www.coper.work/に移転致しました。各記事をクリック頂いた際の移転先URLでこれまでと同じ内容をお読み頂く事ができます。 引き続きのご愛顧の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

転職!トラックの運転手に必要なアレやコレを公開します!


こちらでは、トラックの運転手に転職を考える人に必要な情報をわかりやすくまとめています。
具体的には、仕事内容や各トラックの押さえておきたい重要なポイントや給料、ライフスタイルに合わせた働き方や魅力、そして40代50代からトラックの運転手になれるのか?女性でも可能か?転職の際注意すべきことなど、アナタの知りたいを網羅したトラック運転手への転職に向けたページです。
最後まで読んでいけばすべての疑問が解消されるでしょう。
それでは、どうぞ最後まで読み進めてください。

 

小型トラックのココが知りたい!

ここでは小型トラックの中で最も多い2トントラックについて解説します。 積載量 2トン 必要な免許 準中型(一部5トン限定でも可)自動車免許 平均給与 月給18~20万円台前半 主な小型トラック 平ボディ・バンボディ・保冷車・冷凍冷蔵車など

小型トラックの役割

中・大型トラックから配送された荷物を各配送ポイントまで短距離配送することがメインの役割となります。

小型トラック運転手に求められる能力

小型トラックは小回りが利きやすい分、細い道や田舎道などをスイスイと走れる場面が要求されることがあります。 また、集配所から集配所、ルート配送などでの荷の積み込み積み下ろしなど腕力が要求される場合もあります。

小型トラック運転手の給料

小型トラック運転手の平均給与は、月給18~20万円台前半というところが多いです。 ただ、条件次第では20万円台前半を超える事も。 繁忙期など勤務が長期化した時にも大きく伸びてきます。

 

中型トラックの立ち位置は?

ここでは中型トラックの中で最も多い4トントラックについて解説します。 積載量 4トン 必要な免許 中型自動車免許(8t限定) 平均給与 月給20万円台前半~30万円程度 主な中型トラック 平ボディ・バンボディ・ウィングボディ・冷凍冷蔵車・幅ウィングなど

中型トラックの役割

中型トラックは決められたエリア内の倉庫間の配送がメインの業務となります。 日帰りできる距離が基本になりますが、長距離配送を引き受けている会社もあります。

中型トラック運転手に求められる能力

荷物の種類によっては、フォークリフトでの作業になることもあるので、フォークリフトの免許を取得する必要性が出てくる場合もあります。 その場合、直接荷物の積み下ろしをしないで済むので、体力的に負担がないというメリットがあります。

中型トラック運転手の給料

中型トラック運転手の平均給与は、20万円台前半~30万円程度と小型トラックよりも高いです。 ただ、こちらも長距離運送など条件次第では30万円台前半を超える事も。 繁忙期など勤務が長期化した時にも大きく伸びてきます。

 

大型トラックはこんな感じ!

ここでは中型トラックの中で最も多い4トントラックについて解説します。 積載量 10トン 必要な免許 大型自動車免許 平均給与 月給30万円台前半~ 主な大型トラック 平ボディ・バンボディ・ウィングボディ・タンクローリー・キャリアカー・トレーラー

大型トラックの役割

大型トラックは全国に渡る配送がメインとなります。

大型トラック運転手に求められる能力

全国色々な場所に長距離間トラックを走らせることが多いため、強い集中力が必要です。 拘束時間も長くなり、車内で睡眠をとることも。 ですから体力も必要とされます。 また、経験や高い運転技術も求められるでしょう。 最大積載量が大きければ大きいほど、カーブやブレーキ、バックなどの挙動が変わり難しくなるためです。

大型トラック運転手の給料

大型トラックの給与は、月給30万円台前半~と、全体の中で最も多くなっています。 繁忙期や残業が重なる月は、40~50万円台になることも。

 

あなたの希望の条件は?条件別にこっそり公開!

ここではあなたにとって働きやすい希望の環境を、条件別に紹介します。

希望の休みが取りやすい環境は?

日帰りの配送業務を行うトラックの運転手は、希望の休みがとりやすい場合が多いです。 理由として、日帰りでの配送は1度の運転距離が長くなく、スケジュールの小さなずれが生じても、すぐ取り戻せてしまうからです。

積み下ろしがないor楽なトラックは?

小型・中型だとパワーゲート車を使った積み下ろしは、負担も少なく楽だといえるでしょう。 また、大型車の場合はフォークリフトでの積み下ろしがほとんどなので体の負担は少ないです。

ガッツリ稼げる魅力的な働き方は?

大型車での長距離運送でしょう。 積み荷や距離、拘束時間によって変わりますが、月給50万を超える事も。 ただ、なかなか自宅に帰れなかったり、時間的な拘束が大きかったりするデメリットもあります。

 

トラックの運転手の魅力

トラック運転手は日本の物流を支える要と言える仕事です。 コンビニやスーパーにいつも当たり前のように並んでいる商品も、レストランや居酒屋に並ぶ飲食物も、ありとあらゆるものがトラックによって運ばれているのです。 日本の経済を根元から支えているのがトラックの運転手であると言えるでしょう。 あと、運転中は一人なのでわずらわしい人間関係に悩まされなくてもよいのも魅力だと言えますね。 決められた時間までに荷物を届けさえすれば、休憩時間も比較的自由に決めることができます。

 

トラックの運転手に必要な免許にかかる費用や期間は?

他業種からトラックの運転手に転職を考えている方にとって、無くてはならない運転免許。 ここでは各免許取得にかかる費用や期間についてお答えします。

『普通自動車第一種運転免許』

・金額 約30万程度 ・期間 合宿で半月、教習所で1か月程度

『準中型自動車第一種運転免許』

・金額 約38万程度 普通免許ありで約15万程度 準中型5t限定解除の場合で7万円程度 ・期間 合宿で半月、教習所で1か月程度 普通免許ありで7日程度 準中型5t限定解除の場合で3日程度

『中型自動車第一種運転免許』

・金額 11万~15万程度 ・期間 1週間程度

『大型自動車第一種運転免許』

・金額 中型所持で約21万程度、準中型所持で約30万程度 ・期間 10日~12日

 

トラックの運転手にあれば有利な資格

ここでは、運転免許以外にあれば有利に働く資格を紹介します。

『けん引免許』

受験資格は「普通・大型・大型特殊免許を所持している18歳以上の方」 トラックの運転手が取得すれば超大量輸送が可能になります。 ただ、トレーラーが非常に大きいためそれ相応の技術を求められます。

『玉掛作業者』

受験資格は「18歳以上」  鉄鋼業界や建設業界での現場での荷積み荷下ろしはクレーンで行われることが多く、玉掛作業者は必須になってきます。

『フォークリフト運転技能者』

受験資格は「18歳以上」 今は手積み手下ろしの頻度は減ってきており、パレットを使ってフォークリフトで積み下ろしする機会が増えてきています。 試験自体も難しくないため、おすすめの資格と言えるでしょう。

 

40代、50代からトラックの運転手になれるか

トラックの運転手は40代50代からの転職は可能です。 ただし、高額な給料を目指すのは厳しいでしょう。 トラック運転手が高額な給料を手に入れるにはキツイ仕事をする必要が出てきます。 体力の落ちてくる40代50代になってからだと、積み下ろしはクレーンでやってくれて運送のみに集中できるような環境が望ましいでしょう。

 

転職の際注意すべきこと

ここでは転職の際、よく確認しておきたいポイントについてまとめました。 ここをしっかりと押さえて、より良い環境で働けるようにしましょう。

休日

まずは月に何日休めるのかをチェックしましょう。 そして定期的か不定期か、有給は使えるのかなども大事なポイントです。 社内が慢性の人手不足で有給はおろか休みもなかなか取れない会社もあるので注意が必要です。

業務内容

その会社が何を運んでいるのか、何社下請けしているのかなど押さえておきたいポイントですね。 仮に3社下請けしているのなら業務内容は最低3種類あることになります。 自分の希望とマッチする会社を探しましょう。

勤務時間と給料

給料はいくらなのか、月給なのか日給なのか歩合なのかなどしっかり聞いておく必要があります。 運送業界は勤務時間がいい加減なところが多く、残業は当たり前、給料に残業代が組み込まれている所も珍しくありません。 勤務時間の変動があるのかどうかも大きなポイントでしょう。

雇用形態

正社員なのかアルバイトなのかで退職金やボーナス、仕事が継続できるかといった違いが出てきます。 また、委託制のところではどこまで会社が持つのかといった確認も必要です。 実際に車からガソリン、保険に事故を起こした場合の損害まで運転手持ちのところもあるので注意してください。

福利厚生

社会保険、厚生年金など充実しているか、交通費や住宅手当はどうかなどチェックすべきポイントです。

 

まとめ

いかがでしたか? トラックの運転手は未経験からでも参入が可能で、経験を積めばより良い労働条件につくことができる魅力ある職業だと言えるのではないでしょうか? 日本の経済をガッチリ安定させているトラックの運転手、気になるかたはぜひチャレンジ!

 

トラックの運転手の仕事内容は?

トラックの運転手と言っても仕事内容は多岐に渡ります。

トラックの種類や働き方で待遇や給料などに差が出てきます。

では、具体的にどのような違いがあるのか詳しく解説していきましょう。