求人disサイト【2016年~】

求人に関する情報を書いていきます。disはDraft Information Systemの略だよ。ディスるわけではないよ笑

もう会社員は嫌だ!そう考えている方は家庭教師に転職しよう!


突然ですが、皆さんにとって家庭教師の仕事はどういうイメージがあるでしょうか?

「あまり稼具ことができなさそう」「勉強ができなければできない仕事」など、様々なイメージがあると思います。

しかし実際に家庭教師の仕事について深く見てみると、たくさんのメリットや魅力を知ることができます。特に今転職を考えているという人にお勧めできる仕事なので、転職中の方は検討してみてはいかがでしょうか?

今回の記事では、「家庭教師の仕事内容」や「家庭教師に転職する際の流れ」、そして「家庭教師に転職するメリット・デメリット」などについてご紹介したいと思います。

知らない人からしたら未知数な、「家庭教師」という仕事の深くまで知っていただければと思います。転職を考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

それではまずはじめに、家庭教師とはどんな仕事なのか一緒にみていきましょう。
 

 

家庭教師ってどんな仕事?


家庭教師の仕事は、主に「生徒の成績を上げること」と「生徒を受験に合格させること」の2つです。どちらも最終的には生徒次第ですが、成果を上げた時の達成感は、一度味わったら忘れることができません。

授業形式はもちろんマンツーマンで、生徒の家に教えに行くことがほとんどだと考えていいでしょう。問われるスキルとしては、「人に物事を説明する力」や「コミュニケーション能力」が挙げられます。

実際に生徒に教えてみるとわかりますが、理解する力と説明する力は比例しません。自分がいくら理解していたところで、それを人に上手に説明できるわけではありません。人に説明するのが得意な方は、あまり勉強ができなくても家庭教師に向いているかもしれません。

 

家庭教師の年収ってどれくらいなの?


さて、次にご紹介するのが「家庭教師の年収」についてです。家庭教師の年収は平均300万円と少し高めです。

年代によっても上がり下がりはあるので一概には言えませんが、安定した給料をもらえることは確かのようです。

年収に加えて家庭教師は時給制か固定給か気になるところですよね。

基本的には家庭教師の派遣会社と契約し、時給制の給料をもらうことが多いです。稀なケースとして生徒の家と直接契約して固定給をもらうケースもありますが、滅多にないと考えておいて良いでしょう。

このような契約は、教師の資格を持っていたり医学部志望の生徒に対応できるような、貴重な家庭教師にのみ起こりうるケースです。

 

家庭教師に転職する際の流れをご紹介


さて、家庭教師になるにはどのようなステップを踏まなければいけないのでしょうか?

家庭教師になるには、まず家庭教師の派遣会社に応募しましょう!「個人で直接生徒の家と契約する」という方法もありますが、面倒な手続きが多い上にハードルも上がるのであまりオススメはできません。

派遣会社に応募したら、あとは紹介された生徒の家に勉強を教えに行くというごくシンプルな流れです。

基本的に「派遣会社に応募したけど、採用されない」ということはあまりありません。

ちなみに「採用に学歴は関係あるの?」という疑問は必ずと思います。結論からいうと、そこまで関係はありません。確かに学歴を重視する親はたくさんいますが、学歴が高いからといって、教えるのが上手いとは限りません。むしろ学歴がなくても、コミュニケーション能力が長けていて教え方が上手い人の方が需要はあります。

「頭の良さと人となり」のバランスが大切だと思います。

中には親に無理やり勉強させられているような生徒もいます。そのような生徒に当たった時、どのようにして距離を縮められるかが鍵となると思います。勉強を教えるだけが仕事ではないので、多少は辛いこともあるということを覚悟しましょう。

 

家庭教師に転職するメリット・デメリット


さて、ここまでは主に家庭教師の仕事内容について触れてきましたね。最後にご紹介するのは「家庭教師に転職するメリット・デメリット」です。

家庭教師になった時、どのようなメリットやデメリットがあるのかを知った上で、家庭教師への転職を検討していただければと思います。それではそれぞれ詳しく見ていきましょう。

<仕事相手が子供>


まずメリットですが、家庭教師の仕事相手は「子供」だということです。

一概にいうことはできませんが、会社員の人であれば毎日上司にガミガミ嫌味を言われたり、得意先にペコペコ頭を下げたりしていることでしょう。

そんなストレスフルな毎日に比べて、家庭教師は決まった時間に生徒の家に行き、子供相手に仕事をします。自分が教えたことで生徒が成長すればするほど、やりがいも感じられるのではないでしょうか。

 <親御さんからのプレッシャー> 

次にデメリットですが、先ほど家庭教師は仕事相手が「子供」だと言いましたね。

当たり前のことですが、その子供には親御さんがいます。自分の子供の将来を家庭教師に託すわけですから、親御さんからのプレッシャーは多少なりとも家庭教師にのしかかります。

ただ勉強を教えればそれでいいというわけではなく、家庭教師には生徒の将来を託されるという「責任」が生まれるわけです。

ただ責任がある分、そのやりがいは大きいです。ぜひ生徒にも親御さんにも信頼されるような家庭教師を目指してください。

 

まとめ

さて今回の記事では転職を考えている方に向けて、「家庭教師の仕事内容」や「家庭教師に転職する際の流れ」、そして「家庭教師に転職するメリット・デメリット」などについてご紹介してきました。

知らない人からしたら未知数な「家庭教師」の仕事内容について理解していただくことができたのではないでしょうか?

「家庭教師に転職するメリット」でご紹介したように、家庭教師に転職することで得られるメリットはたくさんあります。

現在の仕事から家庭教師へ転職する際には、ぜひ今回の記事でご紹介したことを参考にしてくださいね。

皆さんの転職活動の成功を応援しています。最後までご覧いただき、ありがとうございました。